疲れにくいデスクワークのパソコンの使い方とは?

疲れにくいデスクワークのパソコンの使い方とは?

事務処理で欠かせないものは、パソコンです。



特に毎日モニタとにらめっこしている方がほとんどですよね。

目は疲れるし肩はこるし、繰り返し毎日していると何かと症状が現れてきます。

肉体的労働ではないのですが、じっとしてパソコンをカタカタと作業をしていると、これはこれで大変なものです。

疲労が酷くなると実は疲れが取れない場合があります。

パソコン使用時のちょっとしたことが、肩こりや腰の疲労を招く要因になっているかもしれません。

「パソコンに向かい作業をする」という動作そのものに、様々な筋肉を疲労させる要素が含まれています。

「イスに座り画面を見て、キーをたたき、マウスを操作する」という日常の業務ですが、実は複数の筋肉が同時に働き、姿勢を保つために部分的に筋肉が緊張しています。

そういった面でも作業をしている時の姿勢は大事です。

パソコンの作業をしている時の悪いチェック項目とは?



● 作業中、気がつくと背中が丸まっていませんか。

● 顔をディスプレイに近づけていませんか。

● ディスプレイに対して体が斜めを向いた姿勢で行っていませんか。

● キーボードとディスプレイの位置は体の正面に無いのでは?

● 床に足の裏がしっかりと接地していますか。

● キーボードを打つ時、腕の位置が不安定になっていませんか。

● 椅子と机の高さが合っていますか。

● 足を組んで作業をしていませんか。

正しい姿勢でパソコンの作業をしましょう



腰が立ち、背筋が伸びた状態を楽にキープできるようになるので、体への負担も減ってこりや疲れが軽くなります。

ディスプレイもキーボードも体の正面が望ましいです。

正面にない場合、パソコン使用の度に体が捻れた位置で保持され続けることになるからです。

正しい姿勢は、一見疲れそうで、実はもっとも合理的に、全身の骨と筋肉に力が分散されているのです。

正しい姿勢を保つことは、長時間できないのも事実なんです。

人間はその姿勢を長く保つことはできなものです。

その為、何度か自分の姿勢をチェックすることも大事です。

疲労は溜まりやすいのでケアが大事!

正しいとされる位置に机やパソコン、イスがあり、理想的な姿勢でデスクワークをしたとしても、連日、座り姿勢を繰り返すことで、筋肉の疲労は起こります。

デスクワークを長時間行う際は、緊張して硬くなった筋肉をほぐすために、30分に1回、最低でも1時間に一回は休憩をとり、散歩をしたり、身体をしっかりとストレッチしてあげましょう。


それでも、疲れが取れにくい場合は、サプリメントでリフレッシュしましょう。


『すっぽん小町』は、美容にも疲れにも女性にとってたくさんの成分が含まれいています。




疲れにくい、疲れをとってくれるので毎日続けていくとさまざまな効果が期待できます。


疲れは溜まっていきます。

疲れると美容にも影響があります。

元気に活発になれば、笑顔もあって綺麗になれます。

『すっぽん小町』って疲れにくい効果ってあるの?<<<はこちをチェック!